高温の油のジュッ!という弾ける音がたまらない『渡り蟹の蒸し物』



『渡り蟹の蒸し物』です。 

渡り蟹の美味しさをそのままシンプルにいただく蒸し料理です。

高温に熱した油を使うのですが、そのジュッという音がこれまた良いんですよね!!!


この料理は魚を使うのが一般的なのですが、今回は今が旬の渡り蟹を使って作りました。


それにしても最近は渡り蟹が過去に比べてドンドンと高くなっているような気がします。

スーパーで見ると、ズワイガニの価格を遙かに超えていることが多いんですよね。



  1. 生の渡り蟹は甲羅を取り除いて2つに切り分けます。(甲羅は取っておきます。)

  2. バーレーン産 ワタリガニ約1kg
  3. バットに長葱の青い部分を敷き詰めて、その上に渡り蟹を置きます。

  4. 渡り蟹に紹興酒を振りかけ、蒸し器に入れて火を通します。

  5. ユウキ 料理用紹興酒 120ml
  6. 蒸し上がったら、蒸し汁はこし器でこしながら取っておきます。

  7. 甲羅(事前に加熱しておく。)に千切りにした生姜と長葱を混ぜ合わせて詰めます。(渡り蟹に直接乗せても良いのですが、今回は別々にしてみました。)

  8. 中華鍋に胡麻油またはピーナッツオイルを入れ(大さじ3杯分程度)高温に熱します。

  9. ユウキ ピーナツオイル(花生油) 105g
  10. 熱した油を葱と生姜に回しかけます。

  11. 煮込み用の鍋に蟹の蒸し汁、醤油、紹興酒、塩、胡椒を入れて濃い目の味付けを目安にして煮込みます。

  12. 出来上がったソースを渡り蟹と葱と生姜にまんべんなく回しかけて出来上がりです。

  13.  蟹の味噌や身に葱と生姜を添えて一緒にいただきましょう!




『渡り蟹』という名前の由来についてです。

この蟹の特徴として、五脚目がオールのように平たくなっており、海中を自由に泳ぎ回る事ができます。




泳いで海を渡る事ができるので、渡り蟹と呼ばれるようになったということです。

コメント