台湾で大人気の『三杯鶏』のあれこれ話



『三杯鶏』です。

中国江西省の名物料理でもあるのですが、台湾で大人気の料理でもあります。

台湾の方々がこの料理をどれだけ好きかというと、家庭料理としてよく食べられ、そして外食のお店にも必ずといっていい程にメニューに載っているそうです。

『三杯雞が美味しくない店は、本当の台湾料理店ではない。』と言われているくらいなんですよね。

 誰かが連れ立ってお店に行くと、必ず誰かが『三杯雞』を注文していて、いつの間にか皆で食べているというくらいの大好物だそうです。


なぜ『三杯雞』という名前になったのかは、いくつかのエピソードがあるのですが、その1つを紹介します。

『三杯雞』は同量の三杯の調味料を使用することからその名前が付きました。

用いる調味料は『醤油』と『米酒』と『胡麻油』の3つです。(お好みで砂糖や生姜やニンニクや赤唐辛子を加えます。)

それを鶏肉と一緒にグツグツと煮詰めていきます。

最後に九層塔を加えて出来上がりです。


写真の『三杯鶏』は私が作ったものなのですが、台湾の米酒が手に入らないので代わりに紹興酒を使い、九層塔が手に入らないので代わりにスイートバジルを使って作りました。

バジルは出来上がりの直前で素早く混ぜ合わせます。

そうしないと、バジルが黒ずんでしまうので見た目が悪くなってしまうんですよね。

私が作った料理には代用があるので、本当の味では無いと思います。

この料理に興味が出た方は、台湾に行って本場の味を確かめるというのも良いかもしれませんね。

大抵のお店では、壺や土鍋に入った状態で出てきます。

米や粥と一緒に食べると、最高に合う美味しさです!

中華料理に頻繁に用いられる九層塔 120粒中華料理に頻繁に用いられる九層塔 120粒


Luckyseed
売り上げランキング : 76152

Amazonで詳しく見る


台湾米酒 600ml台湾米酒 600ml


友盛貿易
売り上げランキング : 116842

Amazonで詳しく見る

コメント