豆豉の香りとコクと旨味が口の中に広がっていく四川風の『牡蠣のピリ辛豆豉炒め』



牡蠣が大好きなんですよね。

特に『牡蠣の豆豉炒め』が大好物で、料理店にこれがあると必ず注文してしまいます。

牡蠣の豆豉の組み合わせはとても相性が良いんですね。


豆豉とは、蒸した大豆に小麦粉、塩、麹等を混ぜ合わせ、発酵させて塩漬けにして作られる豆味噌の一種です。

味噌や醤油のような香りとコクと旨味が口の中に広がっていくんですね。

 最近では健康食品としても知られていますよね。


ということで四川風の『牡蠣のピリ辛豆豉炒め』です。



  1. 赤・黄パプリカ、ニンニクの芽、椎茸は1センチ角に切り、長ネギは斜め薄切り、生姜は5ミリ角に切ります。 

  2. マルハニチロ カットにんにくの芽 500g 冷凍
  3. 中華鍋に油をたっぷりと入れて熱し、軽く片栗粉をまぶした牡蠣を入れて揚げ、表面がカリッとなったら取り出します。 

  4. 築地の王様 牡蠣 生牡蠣 2kg Lサイズ 解凍後1.7kg 生食用 冷凍むき身牡蠣 新製法で冷凍なのに生食可能
  5. 赤・黄パプリカ、ニンニクの芽、椎茸を油通しをします。 

  6. 中華鍋に油をひいて熱し、半分に割って種を取り出した赤唐辛子、花椒の実を入れて炒め、辛味と香りを引き出します。 

  7. ユウキ 山椒の実 30g
  8. ネギ、生姜を加えて炒め、豆豉、牡蠣、赤・黄パプリカ、ニンニクの芽、椎茸を加えて混ぜ合わせます。 

  9. ユウキ 豆チ 100g
  10. ソース(紹興酒、酢、鶏がらスープ、砂糖、酒醸、醤油、胡椒、水溶き片栗粉を混ぜ合わせたもの。)を回し入れて全体を炒め合わせ、器に盛ります。 

  11. ユウキ 酒醸(チューニャン)紹興酒入 590g
  12. 最後に砕いたピーナッツを散らして出来上がりです。




ピーナッツは四川省の特産品で、様々な四川料理のアクセント等として使われます。

中華料理店に行って、ピーナッツが使われている料理が出てきたら、それらの多くは四川料理だと言ってもいいくらいなんですね。

コメント